村上地域の紹介/新潟県村上地域グリーン・ツーリズム協議会

ホームボタン

リンクこのサイトについてサイトマップ

村上グリーンツーリズム協議会とは

村上地域の紹介 > Home

新潟県・村上岩船地域の概要

■構成市町村 村上市、関川村、粟島浦村(1市2村で構成)
■圏域面積 1,483.71平方キロメートル(新潟県全体の11.8パーセント)
■人口 約7万5千人アクセスはこちらをご覧ください。→

新潟県・村上岩船地域の特徴

村上地区
村上は、新潟県北部の中心地として栄えてきた古い城下町。全国的にも珍しい武家屋敷、町屋、寺町、城跡という4大要素が残る城下町です。伝統建築である町屋作りの一般公開が行われ、美しい海岸をもつ「瀬波温泉」と伝統の手法で作り上げられる「鮭料理」、伝統の技「村上堆朱」や「北限のお茶」など多くの特産品や伝統文化を楽しむことができます。
荒川地区
町の北部に日本屈指の清流荒川が流れ、この水が育む全国に名高い岩船米コシヒカリの産地です。古くから越後と出羽を結ぶ交通の要衛地として発展、伝統芸能や史跡が多く残っています。多くの登山客に親しまれている高坪山があります。頂上からは、日本海の雄大なパノラマが広がっています。
神林地区
東は越後山地、西は通称「お幕場」と呼ばれる美しい松林を経て、日本海に面しています。のどかな田園風景が広がり、冬になると白鳥が飛来する大池や満天の星を見ながら天体観測できる天体観測施設ポーラスター神林などがあります。湊町として、また北前船の交易により、浜街道の宿場町として栄えた塩谷があります。伝統的な町屋が現在でも多く残っています。
朝日地区
広大で大自然の宝庫である村上市。磐梯朝日国立公園を有する朝日地区は、四季おりおりの自然の恵みにあふれ、山から出る清らかな水と風土は豊かな実りを与えてくれます。朝日スーパーラインをはじめ、鈴ケ滝周辺はブナの原生林におおわれ、訪れる人に自然への愛情を抱かせ、歴史と伝統に培われた文化や風習を今に守り、人々のつながりが深い魅力ある山里の暮らしが息づいています。
山北地区
延長50kmに及ぶ海岸部は、国の名勝天然記念物「笹川流れ」の指定を受けています。自然がつくり上げた見事な景観を誇り、訪れる人々を魅了します。北部海岸には県北唯一の漁港「寝屋漁港」を有し、豊富な魚介類が水揚げされております。また、歴史とロマンを秘める山「日本国」があり、海・山・川の自然に恵まれた景勝地です。
関川村
豊富な緑に囲まれた関川村。飯豊連峰の山々から日本海へと流れる清流荒川に沿って、美しい渓谷と5つのいで湯が点在し、えちごせきかわ温泉郷を形成しており温泉を楽しむことができます。国指定の文化財を持つ歴史と文化の里でもあり、全国に関川村の名を広めた「大(たい)したもん蛇まつり」が有名です。
粟島浦村
島全体が県立自然公園となっている日本海に浮かぶ粟島は、手付かずの自然が残され、釣り、キャンプ、海水浴、バードウォッチングなどを満喫できます。内浦地区・釜谷地区と二つの集落があり、粟島の名物料理「わっぱ煮」を堪能できます。素朴な島民のあたたかさにふれ、ゆったりとした時を過ごしてください。

TOP PAGETOP PAGE