村上地域グリーン・ツーリズム協議会の規約

ホームボタン

リンクこのサイトについてサイトマップ

村上グリーンツーリズム協議会とは

村上地域グリーン・ツーリズム協議会とは > Home

村上地域グリーン・ツーリズム協議会規約

(名称)

第1条 本会は、「村上地域グリーン・ツーリズム協議会」(以下「協議会」という。)と称する。

(目的)

第2条 協議会は、村上・岩船広域圏において、地域内に存在する多様な資源を有機的に組み合わせ、グリーン・ツーリズムを核とした各種ツアー・イベントの企画・実施やグリーン・ツーリズムに関わる人材育成、資源開発等を官民協働で推進することで、村上・岩船広域圏における交流人口の増加、農山漁村地域の活性化に資することを目的とする。

(事業)

第3条 協議会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
  (1) グリーン・ツーリズム推進のための総合窓口の設置。
  (2) グリーン・ツーリズムを核とした各種ツアー・イベントの企画・実施。
  (3) グリーン・ツーリズムに関わる人財の育成。
  (4) グリーン・ツーリズムの資源開発。
  (5) その他目的達成に必要なこと。

(構成)

第4条 協議会は、別表に掲げる県、市村、関係団体等をもって組織する。
2 協議会の目的に賛同し、これを援助する個人、団体を会員とすることができる。

(組織)

第5条 協議会の円滑な運営を図るため役員を置く。

(役員)

第6条 協議会に次の役員を置く。
  (1) 会 長 1名
  (2) 副会長 1名
  (3) 監 事 2名

(役員の選出)

第7条 会長、副会長、監事は、総会において選出する。

(役員の任期)

第8条 役員の任期は、2年とする。ただし再選は妨げない。
2 役員に欠員が生じたときは、これを補充することができるが、その任期は前任者の残任期間とする。

(役員の職務)

第9条 会長は、協議会を代表し会務を総括する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは会長の職務を代行する。
3 監事は、事業及び会計を監査する。

(総会)

第10条 総会は、会長が招集し、会長が議長となる。
2 総会は、会員の過半数の出席(委任状出席を含む。)がなければ、成立しない。
3 総会は、次の事項を審議、決定する。
  (1) 規約の制定及び改廃に関すること。
  (2) 役員の選出に関すること。
  (3) 事業の推進に関すること。
  (4) 予算及び決算に関すること。
  (5) その他協議会の運営に関する重要な事項
4 総会の議事は、出席会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(幹事及び幹事会)

第11条 協議会に幹事会を置く。
2 幹事会は、幹事により構成し、会長が指名する。
3 幹事会は、会長が招集する。
4 幹事会は、次の事項を審議する。
  (1) 総会に付議する事項。
  (2) 総会から委任された事項。
  (3) その他協議会の運営に関し、会長が必要と認める事項。

(部会等)

第12条 協議会に、特定の事項を協議する部会等を置くことができる。
2 部会等の運営については、会長が別に定める。

(経費)

第13条 協議会の経費は、会費、助成金、寄付金、その他の収入をもって充てる。

(会計年度)

第14条 協議会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(事務局)

第15条 協議会の事務を処理するため、事務局を特定非営利活動法人都岐沙羅パートナーズセンター内に置く。
2 事務局員は会長が指名し、事務局に関し必要な事項は、会長が別に定める。

(その他)

第16条 この規約に定めるもののほか、協議会の運営に必要な事項は会長が別に定める。

(附則)

1 この規約は、平成20年2月29 日から施行する。
2 初年度の会計期間については、設立総会の日に始まり、平成21年3月31日に終わる。

TOP PAGETOP PAGE