農家民宿・宿泊施設の紹介/新潟県村上地域グリーン・ツーリズム協議会

ホームボタン

リンクこのサイトについてサイトマップ

リンク

農家民宿・宿泊施設の紹介 > Home

農家民宿・宿泊施設の紹介

■グリーン・ツーリズムとは
農山漁村地域において自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動です。都会では味わえなくなってきた自然や文化の魅力に触れ、農林漁業の体験を行い、 地域の伝統文化や人々との交流を楽しむ旅のことをいいます。

■農家民宿とは
農家民宿とは、農業者が経営し、農山村の生活を体験、または農林業などが体験できる宿泊施設です。農山村を訪れ、豊かな自然や美しい景観、美味しい郷土食を食べ、農村文化など、人々とのふれ合いを通じながら堪能することができます。

農家民宿ひどこ
農家民宿ひどこ
「能」の文化が伝わる新潟県旧朝日地区大須戸集落にある農家民宿です。 地元住民有志「ひどこの会」が、過疎の進む集落を活性化させ、新しい大須戸の未来を切り開こうと取り組み、築150年の古民家を改装し地域づくりの拠点として甦らせました。農家民宿「ひどこ」では宿泊や地元の食材を使った郷土料理を囲炉裏を囲んで楽しむことができます。さくらんぼや柿などの果樹をはじめとする農業体験など四季折々のメニューも体験できます。
http://www.hidoko.com/
農家民宿ざいごもん
農家民宿ざいごもん新潟研究朝日村地区高根集落にある農家民宿です。ご夫婦やご家族で数日間~長い方で数週間、お泊りいただける準備もできますので、 一日だけの農作業体験とは違った経験をしていただけると思います。 農作業の体験以外にも、田舎暮らしの雰囲気や、田舎独特の人間付き合いを楽しみにしている方々がご夫婦やご家族で見えられます。 ご宿泊いただくお部屋も、夜は囲炉裏を囲んで楽しく寛いでいただけます。
http://zaigomon.com/
交流の館・八幡
交流の館八幡技術室は温泉に・・・、相談室はカラオケルームに・・・、教室は客室に・・・
1996年に廃校になった旧山北町・南中学校の校舎や体育館を利用して、2001年4月に「ふるさと体験の宿 交流の館 八幡(はちまん)」としてオープンしました。
学校の面影は少ないですが、黒板やロッカーがそのままになった教室もあり、長い廊下を歩くと、今にも元気な子どもたちの声がきこえてきそうな雰囲気です。
よくOB・OGの方がやってきては、懐かしそうに廊下をゆっくり眺めています。
学校名が書かれてあった玄関上の外壁は、東京芸術大学の学生らに依頼して、旧山北町をイメージ・表現して壁画を制作してもらいました。
制作期間中は、この施設の3階をアトリエとして利用していました。 平成18年度より、「さんぽく体験交流企業組合」が指定管理者として、当施設を運営しています。
http://www.chuokai-niigata.or.jp/sanpoku-taiken/hatiman.html
山熊田長期滞在施設(ビラ・フォレスト)
山熊田ビラフォレスト山熊田長期滞在施設(ビラ・フォレスト)は、学校の閉校により使わなくなった教員住宅を改装した簡易宿泊施設です。山北の悠然とした自然環境のもと、山村の生活文化に触れることができます。わずかな時間でも、訪れる人たちの心をきっとリフレッシュさせてくれるはずです。
http://www.sake3.com/spot237.html
朝日みどりの里コテージ
みどりの里コテージ旧朝日地区の道の駅「みどりの里」内にある宿泊施設です。広いスペースのお部屋に、一室5人までの宿泊が可能です。ご家族でこられても安心です。また、各部屋には、台所や冷蔵庫など設備が万全ですので、自炊も出来ます。
http://www.asahimidori.com/cottage/

TOP PAGETOP PAGE