村上地域グリーンツーリズム協議会

「山の暮らしと赤カブ」オンラインイベント開催レポート


「山の暮らしと赤カブ」オンラインイベント 開催しました!!

一気に冷え込んで、霰が降ったりと冬の空に変わってきた村上。

11/27(土)14時から村上市山北地区、府屋にある「ギャラリー&カフェえん」を会場として、
「山の暮らしと赤カブ」オンラインイベントを開催しました!

東京都文京区にある「NPO法人ちんじゅの森」さんとご一緒させていただき、
東京会場に14名、オンライン4組の方が参加してくださって
とても賑やかな会となりました。

はじめに「ギャラリー&カフェえん」の板垣 喜美男さんから
赤カブの栽培や焼き畑、山を活かす暮らしについてインタビュー形式で話していただきました。

轟々とと燃える山焼きの動画を見た参加者の方からは
山火事にならないの!?
火はどうやって消すの!?
山焼きのカブと畑のカブって味が違うの!?
といった素朴な疑問が飛んできます。

ひとつひとつの質問に対して、板垣さんが丁寧に説明してくださいました。

在来野菜である赤カブの大切さを学んでいただいた後は
奥様の京子さんに赤カブ漬けや赤カブアレンジ料理を習いました。

色鮮やかで歯ごたえがしっかりある赤カブ漬け。
着色料などは一切使わず、この色が出ることに皆さん驚かれていました。

参加者の方に事前にお送りしていた生の赤カブとできあがっている赤カブ漬け。

京子さんのご指導で東京の皆さんと一緒に赤カブ漬けを作ることができ、
赤カブが皆さんとのご縁をつないでくれていることを実感できる時間でした。

赤カブのアレンジ料理としてカナッペも披露していただき
生のままで味わう方法も教えていただきました。

日本女子大学の学生さんからは
赤カブを含むアブラナ科の野菜がなんと乳がんのリスクを下げる!
ということも教えていただき、
美味しいだけではない身体に良い食材であることも知れて、
私たちもとても勉強になりました。

お送りした赤カブ漬けを食べながらの質問タイムでは
皆さんに美味しい!と言っていただき、
今回一緒に調理した赤カブ漬けを味わっていただくのが楽しみです!

次は実際に村上へ来ていただいて、直接お会いしたい!
と、期待が高まるイベントになりました。

参加してくださった皆様、そして私たちの思いを参加者の方々に届けてくださったちんじゅの森の皆様、
準備からたくさんご協力くださったこだわり工房えんの板垣さんご夫妻、誠にありがとうございました!!

イベントに参加できなかった皆様も今週中であれば生の赤カブ購入可能とのことでしたので、
完成した赤カブ漬けとともに是非ご自宅で味わっていただければ嬉しいです!

こだわり工房えん 赤カブ購入サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ステキな絵画が飾られた落ち着く雰囲気の店内で
ランチやコーヒーを楽しむこともできます。

営業日をチェックして是非足をのばしてみてください!

ギャラリー&カフェ えん 情報

店名 ギャラリー&カフェ えん
連絡先 TEL.0254-76-2731
住所 〒959-3907 新潟県村上市府屋40-3 MAP
営業時間 日・月・水・金曜日の10:00~16:00(冬季間は~15:00)

 

村上地域グリーンツーリズム協議会
事務局:〒958-0261 新潟県村上市猿沢1238番地
<NPO法人都岐沙羅パートナーズセンター内>
TEL.0254-72-0663 FAX.0254-72-0723
村上地域へのアクセス
◎車の場合
東京から関越自動車道で約3時間25分、日本海東北自動車道で約36分
◎電車の場合
東京駅から新潟駅まで上越新幹線で約2時間、羽越本線で村上駅まで約1時間
◎飛行機の場合
成田空港から新潟空港まで約65分、直行バス利用で瀬波温泉まで約70分

© 2022 村上地域グリーン・ツーリズム協議会